お茶を使って本気でダイエットしたいなら!遵守すべきポイント

お茶を使って本気でダイエットしたいなら!遵守すべきポイント

手軽に始められるダイエット方法の筆頭に挙がるのが、「お茶ダイエット」です。

 

 

世の中には様々なダイエッター向けのお茶が出回っており、「これを飲むだけで何キロやせた」という文句が謳われています。過激な食事制限や極端に激しい運動をするよりも、身体に負担のかからないダイエット方法ではありますが、それでも宣伝文句のみを鵜呑みにして、ある種のお茶をがぶ飲みするだけでは効率的には痩せられません。お茶の種類により痩身メカニズムに働きかける作用は様々ですから、自分が飲むお茶の特徴や性質を事前によく把握しておく必要があります。

 

 

まずは一般的な所から、緑茶や紅茶、ジャスミン茶は運動の前に摂取すると、脂肪の燃焼効果を高めますので、ウォーキングや軽スポーツをする前のタイミングで飲むのが良いでしょう。

 

 

ダイエット効果が最も高いと言われるウーロン茶やプーアル茶は、体内における脂肪の吸収を抑える働きがあるので、カロリー摂取調節の観点から、食後にとるのがベストです。ここまでに挙げた各種のお茶は、手法は違いますが同じ種のチャノキから製造されており、多少なりとも興奮作用のあるカフェインを含みますので、就寝数時間前〜直前に飲むのはNGです。逆に、どの時間帯でも飲みやすいのがノンカフェインのハーブティー類。

 

 

美容効果の高いポリフェノールが多く、デトックス作用のあるルイボス茶や黒豆茶などは、空っぽの胃にも刺激にならないので、食事と食事の間に小腹が空いてしまって困る…という時に最適です。様々なメディカル・ハーブやスパイスをブレンドしたハーブティー、薬草茶の類もカフェインを含まないことが多く、また食欲を抑える効果が高いものも多いので、ぜひ利用しましょう。

 

 

甘いものの誘惑に困っているなら、ギムネマ・シルベスタなどもおすすめです。ただ、こういったメディカルハーブや薬草茶の類は、形容されている通りに「薬」としての効能が高いので、体質や体調、食べ合わせなどによっては多少の副作用を引き起こすこともあります。一日に飲む上限量などが示してありますので、必ずそれを遵守して飲むようにしましょう。

 

 

こまめな水分摂取はダイエットに欠かせない要素ですが、あまりに飲み過ぎてもお腹の調子が悪くなったり、身体を冷やす原因になってしまいます。健康的でおだやかなダイエットを目指し、上手にお茶を使ってみて下さい。